💀メルカリ『即購入禁止』の謎

こんにちは、ばび田サンです( ゚∀゚)ノオス
今日は、メルカリの”謎ルール”の1つ。
『即購入禁止』についてのお話だよ。

メルサーフ(メルカリでネットサーフィン)していると、商品説明欄やプロフィール欄に
『❌即購入禁止』
『❌即購入NG』
『❌即購入おことわり』
って書いてあるのを見かけたことがあるんじゃないかな?

まぁ、要するに出品者が「すぐ買うな!」って言ってるわけだけど。なら、どうやって買ったらええねん💢なんで出品しとんねん💢そもそも、
売る気あンのか(゚Д゚#)ゴルァ
ってキミが思うのも当たり前だよね。

特にこの『即購入禁止』についてはヤフオクユーザー側からすると、本当にマジで意味のわからない究極の”謎”に思えて早々に離脱しちゃう人もいるんだよ。

とはいえ、出品者だってイジワルして書いているわけではないんだ。
出品者には出品者なりの事情があって「すぐに買われたらちょっと困るんです💦」ってことなんだよね。

💡責任感が強い出品者
💡忙しい出品者
💡同時出品者
💡怪しい出品者
💡“フリマ”にこだわる出品者
💡(おまけ)購入したい場合には…

理由は人それぞれ。
今から即購入禁止について一緒にお勉強していこうね💮✏️

↓その他のメルカリ”謎ルール”もまとめてるよ❣️

その1.責任感が強い出品者

商品に不備がないかもう1回チェックしたいから。
出品から売れるまでの間が空くほど”自宅で保管する”時間が長くなるってことだよね。
この保管している間に商品に何かが起こる可能性だってゼロではないんだ。
例えば
・静電気によるホコリの付着
・押入れの匂いやサシェの匂いがきつくなる
・畳みジワが強くなる
・見落としていたシミやキズが見つかる
などなど。購入される前に
問題がないか、もう1回確認したいって理由で『即購入禁止』を書いている出品者がいるよ。

❤️余談❤️ばび田サンも昔このタイプの出品者さんからTシャツを購入したことがあって、「シミ有りとは書いたけど、ダメ元でもう1回シミ抜きしたいから待っていてもらえませんか?」って連絡がきたことがあったよ。シミが抜かれた状態で届いたから、ホントに感動しちゃったよ🌟

その2.忙しい出品者

予定が未定だからってこともある。
出品者だって自分の生活があるわけだから「いつ発送できるかわからない」って
“時間の問題”があるよね。
お仕事の都合だったり、お家の都合だったり、旅行に行ったり。

あとは、押入れやガレージにしまったけど「取り出すのに時間がかかるかも」とか「間違って捨てちゃったか心配」ってカンジの
“保管の問題”も関係している場合があるよ。

その3.同時出品者

メルカリ以外の場所でも出品していることもある。
先に言っておくね。ホントはこれダメ💦 いわゆる規約違反にあたっちゃう行為なんだ。
メルカリに出品したら、他のフリマサイトで同時に出品するのはNGなのです。
とはいえ、出品者だって売れるためなら間口を広くしたいのが本音。
メルカリでは出品中でも、他で売り切れて『無在庫出品』の状態になっている場合もあるんだ。その状態のまま、知らずにキミが購入するとトラブルが起こるわけ。
『無在庫出品』を防ぎたいって理由で『即購入禁止』を書いている出品者がいるよ。

その4.怪しい出品者

“せどり”の可能性がある。
実際には手元にあるはずのない商品を出品する出品者が潜んでいることがあるよ。
要するに、購入(注文)されてから商品を仕入れ、それを購入者に発送する。これを俗に
せどり・転売・空売りって呼ぶんだ。
もちろんこれも『無在庫出品』。規約違反。
仕入れ先の在庫切れトラブルを防ぎたいって理由で『即購入禁止』を書いている出品者がいるよ。

その5.“フリマ”にこだわる出品者

買う前に一声かけて!ってこと。
つい忘れがちだけど、メルカリってそもそも”フリマ(フリーマケット)”なんだよね。
キミは実際のフリマに行ったことがあるかな?
(ばび田サンは数回だけ代々木公園のフリマに偶然遭遇したことがあるよ。何年も前の話だけどね)

実際のフリマって「こんにちは〜」から始まって「見てもいいですか?」「これください♪」って人と人のコミュニケーションがあるんだよね。

“売り上げ”より、この”コミュニケーション”が好きでメルカリを利用している出品者って、じつは思っている以上に多いんだ。

本来のフリマのマナーを重んじて取引がしたい!って理由で『即購入禁止』を書いている出品者がいるよ。

おまけ.購入したい場合には…

買わせてくださいって言おう。
商品ページの一番下にコメント欄があるよ。
そこに自分が購入したいって意思を書こう。

「はじめまして」とか「失礼します」とかって挨拶文を
文章の頭につけるとGoodだよ (・v・)👍💕

関連記事一覧